膣のゆるみやおりものの臭いは治せる~レディースサポートサイト~

女性

小陰唇肥大の特徴

女の人

タイトな下着や細身のパンツを履くと、デリケートゾーンが痛む人や、自転車のサドルやバイクに跨ると性器が狭まったように感じる人は、小陰唇が大きい傾向があります。小陰唇はデリケートゾーンの一部分のことを指し、ホルモンバランスによって大きさが変化します。また、出産を経験した女性は小陰唇が大きくなることもあります。見た目の悪さや痛み、さらには恥垢などのトラブルが発生するため大きくなった小陰唇は、小陰唇縮小手術を受けると適切です。小陰唇が大きくなることを「小陰唇肥大」といいます。小陰唇肥大にはいくつかの特徴があります。小陰唇を覆うようにある大陰唇からヒダがはみだしている、シワが多く黒っぽい、左右の形が異なるなどです。痒みや痛み、さらには尿の飛び方がおかしいという場合も小陰唇肥大が疑われます。一度、クリニックで検査を受けると適切です。

自分のデリケートゾーンについて正しく把握できていない女性が多くいます。特に、女性は他人のデリケートゾーンを見る機会がほとんどないため、正常の形やバランスを知らない人が多いのです。そのため、彼氏やパートナーから小陰唇の形がおかしいことを指摘され、初めて気付く人も少なくありません。小陰唇が肥大していることで自分に自信を失ってしまった人は、小陰唇縮小手術を受けましょう。バランスの良いデザインや、美しい仕上がりで自分に自信を取り戻すことができます。また、これまで小陰唇肥大により不便に感じていた日常生活も快適に過ごせるようになります。小陰唇縮小手術を受ける際は、アフターケアに注意しましょう。小陰唇縮小手術では余分な小陰唇の切開や縫合を行ないます。シャワーや性行為に注意して安静に過ごしましょう。

Copyright© 2016 膣のゆるみやおりものの臭いは治せる~レディースサポートサイト~All Rights Reserved.